スポンサーリンク


2016年12月25日

Jimdoでサイトが公開されない?robots.txtにより表示されません という時の対策

最近始めてJimdoでサイトを作ったのですが、公開されていないのか、URLで検索しても出てきません。Googleのサイトの登録を行い、リンクもつけてみたところ、URLで検索するとURLの下に

「この結果の説明は、このサイトの robots.txt により表示されません」

と表示されていました。

え〜っ!robots.txt??

そんなことに関係する項目あったっけ?
jimdoのサイト
とJimdoの管理ページを探しても見つかりません。

でもこれ、Jimdoのシステムだったんですよー。
スポンサーリンク




一体何が悪いのか、どうなっているんだ?と調べたところ、Jimdoのスパム削減のための施策であることが判明しました。

このrobots.txtによるnoindex状態を解除してサイトを公開し、検索結果にも表示するためには、ログインを2回する必要があります。

アフィリエイトなどの被リンク用のサイトとしてJimdoを利用する場合などに、登録して、一気に数記事をほうり込んでサイトを公開したら二度と更新をしない。
たぶんそういうケースが多いのではないでしょうか。

公開されていない(検索エンジンでインデックスされない)状態のサイトのソースを開いてhead部分をチェックすると以下のようなメモ書きがあります。

「スパムの削減のため、現在このホームページは検索エンジンでインデックスされません。
ホームページが特定基準を満たした場合、Jimdoにてインデックスすることを可能とします。」

特定基準というのがログイン2回の模様。何をすればいいかを書かないところがニクいですねー。

でも、しばらくログインしたまま作業しますよねー。

まあ、とにもかくにも、いったんログアウトしてからまたログインしてみたら、ソースが書き換わって、



となり、ちゃんとインデックスされるようになります。
Jimdoでサイトを作って検索エンジンにインデックスされない時にはやってみてください。




スポンサーリンク

posted by さちこ at 17:39 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする